ビットコインを買うデメリット - はじめてビットコイン買ってみる

HOME » はじめてのビットコイン » ビットコインを買うデメリット

ビットコインを買うデメリット

ビットコインを買うとこれが値上がりすることにより、自分の資産を増やせることがあります。
そこだけみると非常に大きなメリットがありますが、デメリットはあるでしょうか?
これはたとえば、実体のないオリジナルの通貨になるため、他の資産よりも予想外の事態で失いやすいことです。

たとえばPCトラブルにより、ビットコインを失うといった事例もあります。
実体のない仮想データになるビットコインは、PCやスマホなどの情報機器に口座を作り、その中で管理するのが基本です。
つまりマシントラブルが起こると、その口座ごと情報が失われますから、持っていたはずのビットコインを一瞬にして失うこともありえるのです。
それは現実の通貨でも起こり得ることですよね。
たとえば家が火事になると、自宅に保管していた紙幣などはすべて燃えてしまい、お金として使えなくなります。

このようなリスクを避けるため、円など実体のある通貨には銀行があり、そちらに保管できます。
このお金は、銀行が責任を持って管理します。
元本保証もありますから、そちらに預けたお金について一定額までは必ず返ってきますから、安心です。

仮想通貨のビットコインには、このような第三者機関がありません。
つまりPCやスマホなどで保管しているデータ上のお金を、自己責任で管理していかないといけないのです。
管理に失敗すると、事故やトラブルにより、自分が日本円と引き換えに買ったビットコインを失うこともあります。

先ほどのマシントラブルのほか、ビットコインにつきものなのはハッキングです。
仮想通貨とはいえ現実の通貨と交換可能な資産ですから、PC等にハッキングをかけ、このビットコインを不正に送金させようとするハッキングは、現実に行われています。
セキュリティ対策や安全な管理をきちんとやっていないと、このハッキング被害でビットコインを失うこともあります。
このようなトラブルや被害は仮想通貨やビットコインに限った話ではないのですが、実体のある通貨よりも、このような被害やトラブルが起こりやすいのは、ビットコインのデメリットです。

また、管理がきちんとできたとしても、ビットコインは実体のない仮想データで、その価値はそのときどきのトレンドによって変わります。
将来的に価格がどうなるかは、誰にもわかりません。
将来的に価格が下がることもありえるのですが、そうすると元本割れのリスクもあります。
簡単にいうと、200万円近くで買ったビットコインが、今換金すると100万円程度にしかならないといったことも起こり得るのです。
このような不確実性もあることは了解の上で買うのが基本ですから、よく確認しておいてください。