ビットコインを買うときの単位 - はじめてビットコイン買ってみる

HOME » はじめてのビットコイン » ビットコインを買うときの単位

ビットコインを買うときの単位

ビットコインを実際に買うとき、どのような単位で買うことになるのでしょうか?
円なら円、ドルならドルとそれぞれ単位が決まっていますが、ビットコインの場合はBTCとなります。
ビットコインを1つ買えば1BTCとなり、2つ使えば2BTCとなります。
このような専用の単位があり、ビットコインを買うときはこのBTCを基準に、買う数量を決めていきます。
円やドルなど、他の通貨とはまた違う独自の単位が使われていますから、買うときは専用の単位に直してください。

このBTCという単位について、必ず知っておきたい基本は、1BTCあたりの価値がとても大きいこと。
日本円に直すと、1BTCだけでも200万円近くに相当します。
そのため、10BTCも買うと、日本円で2000万円近いお金がないと買えないくらいの買い物になります。
ドルと円の交換レートは、1ドルが100円前後となるのが基本ですから、この感覚でBTCを見ると、注文数を間違えやすくなります。
ビットコインの単位となるBTCは、現実の通貨に比べてこの単位あたりの価値が非常に高くなっていることはよく確認しておくことが大事です。

そのため、BTCについては小数点以下の単位も用意されています。
たとえば下の単位としてmBTCというものもあります。
これは0.001BTCに相当する単位です。
1BTCに比べてかなり小さい単位ですね。
0.001BTCと表しても意味は同じなのですが、ゼロが多くて紛らわしく、見落としも起きやすいため、mBTCという単位も用意されているのです。
1mBTCといわれたら、これは0.001BTCに相当するのだと思ってください。

よく覚えておきたい基本的な単位はこのmBTCあたりまでですが、これよりさらに下の単位もあります。
bits、satoshiという単位です。
bitsは0.000001BTC、satoshiは0.00000001BTCに相当します。

ここまで小さい単位があるのは、ビットコインは流通数が限られているからです。
これは特定の国が発行している通貨ではなく、ビットコインの中央銀行などもありません。
発行できる最大のBTC数は限られているため、その限られたビットコインを広く流通できるよう、小さい単位が作られているのです。

ただ、実際に買う場面では0.1BTCや、0.01BTCなど、小数点以下のBTC数を指定し、それだけ買うのが基本になっています。
BTCより下の単位、mBTC、bits、satoshiなどを購入するときに使うことはほとんどなく、使ったとしてもmBTCくらいまでが多いですね。
ビットコインを買うために知っておきたいのは、BTCという専門の単位が使われていることと、これを小数点以下の単位で指定できることの二つです。
実際にビットコインを買うときには、このようなことをふまえて単位を指定してください。