ビットコインを買うにはいくら必要? - はじめてビットコイン買ってみる

HOME » はじめてのビットコイン » ビットコインを買うにはいくら必要?

ビットコインを買うにはいくら必要?

お金さえあればビットコインは比較的誰でも買える仮想通貨ですが、実際に買うためにはいくらお金があればいいのでしょうか?
これについては、最低でも2000円ほどあれば買えることが多いです。
それほど高額なお金はムリに必要ありません。

ただし、あまりお金に余裕がない人など、買うときにビットコインをいくら買うか、これは注意して調整する必要があります。
高額な投資をする人でない限りは、ビットコインは一度に大量購入はしないのが基本です。
2000円ほどで気軽に購入したければ、小数点以下のところでビットコインを買うことになるでしょう。

なぜかというと、このビットコインは実は非常に単価が高く、これを1つ購入するためには、日本円にして200万円近いお金が必要です。
これは当初からそういう仮想通貨として作られたのではなく、これができたあと、人気が高まって価格が高騰した結果、こうなりました。
そのため、現在ビットコインを1つ購入するのもけっこうな投資となります。
ただ、ビットコインはそのようなお金をすぐ出せる層限定の仮想通貨ではありませんから、少額分だけ購入することもできます。
そのようなとき、0.1以下の単位でビットコインがよく購入されるのです。

なお、ビットコインの数え方は、BTCとなります。
1BTCで、ビットコインを1つ持っているということです。
これを買うとき、1BTCの希望を出すと、引き換えに日本円で200万円近いお金が必要になるということです。
このようにビットコインは単価が高いため、1BTC以上の数量でまとめ買いしようと思ったら、必要なお金もかなり増えます。
10BTC買うには2000万円近いお金が必要です。
このようなビットコインを、日本円で2000円分ほど買いたいと思ったら、0.001BTCだけ買う形になります。

このような買い方ができるのかというと、実は問題ないのです。
むしろ200万円以上のお金をポンと出し、1BTC以上の数量で購入できる人の方が少数派です。
数千円から数万円、高くても数十万円ほどの投資で留めたいという人も多いため、ビットコインは0.1以下の数量で買うのも普通になっています。
そのような小さい数量でも買えるのは、ビットコインが仮想通貨になることも大きいですね。
現実の通貨ではなく、電子データ上のお金ですから、小数点以下の小さい単位でも気軽に売買ができます。

ビットコインを買うために必要な費用はこのようになっており、比較的少額からでも対応できます。
ただ、これでも買うための最低購入額として指定がある場合もあります。
いくらくらいになるかというと、200円以上となります。
BTCに直すと、0.0001BTC以上の購入は必須とされることはありますね。
最低でもこれくらいは出せるなら、ビットコインを購入できます。