ビットコインを買う手数料 - はじめてビットコイン買ってみる

HOME » はじめてのビットコイン » ビットコインを買う手数料

ビットコインを買う手数料

仮想通貨は日常生活でよく見かけるものではありませんから、これがほしいときは持っている人から買うのが基本になっています。
ビットコインもそのようにして入手するのが基本ですが、このときには手数料がかかることも多いです。
この手数料とは何かというと、取引を仲介した業者に払う手数料になることが多いです。

なぜこのような仲介業者や手数料がいるのかというと、完全に個人間でビットコインの売買をするのは難しいからですね。
日常的によく売買されているビットコインですが、これら取引はどこで、どうやって行われているのかというと、大手業者の取引所で、業者の仲介を通して行われているのが基本です。
この仲介所がよく使われる大きな理由は、ビットコインの売買希望者が簡単に見つかるからです。
このような業者の仲介を通さない場合、ビットコインを売りたい・買いたいといった希望者を見つけるのがそもそも難しくなります。

現実の通貨ならもっている人も非常に多いため、仲介などなくても取引希望者を見つけられることもありますが、ビットコインは違います。
これは仮想通貨になり、まだそこまで普及もしていませんから、持っている人や興味がある人を見つけるだけでも、個人では意外と難しいのですね。
さらにそれらの人の中から、希望する条件で取引ができる相手となると、さらに限られます。
自力で取引相手を見つけるのが難しいため、ビットコインの取引は大手業者の取引所を通すのが基本になっているのです。
ここならビットコインを持っていたり、興味があったりする人が集まってきますから、都合のいい取引相手が見つかりやすくなります。

このようなことから、ビットコインの売買は大手業者の取引所を使い、その業者の仲介を通して行うのが基本になるのですが、これら業者の仲介もタダではありません。
ビットコインの取引希望者を集め、それを仲介した料金として、手数料が取られます。
このような仕組みになっているため、ビットコインを買うときには手数料がかかることが多いです。

ちなみに、これら仲介業者を通さずにやった売買などの場合どうなるのかというと、手数料等は特にかからなくなります。
このときはあくまで個人間の売買ですから、手数料等はなく、ビットコインと現金を交換して終わることもあります。
間で手数料を取られることがないため、用意した現金をビットコインへピッタリ交換して終わることになるでしょう。
完全に個人間で売買できる相手がいればいいのですが、そのような相手に心当たりがなければ、ビットコインを買うときには手数料がかかるのが基本になりがちです。