ビットコインを買う・売るとは? - はじめてビットコイン買ってみる

HOME » はじめてのビットコイン » ビットコインを買う・売るとは?

ビットコインを買う・売るとは?

ビットコインについては買う・売るといったワードがよく登場します。
何かの商品なら売買されるのは普通のことですが、ビットコインは仮想とはいえ通貨ですよね。
通貨を買う・売るとはどういうことでしょうか?

まずビットコインでいう買う・売るとは、いわゆる普通の売買と同じです。
これを買う場合、現金を支払ってビットコインを受け取ります。
逆に売る場合は、現金を受け取る代わりにビットコインを渡します。
まさに普通の売買ですよね。

これが仮想通貨のビットコインでよく行われるのは、これ以外にビットコインを手に入れる方法があまりないからです。
ビットコインは仮想通貨の中では有名な方ですが、それでも現実社会に広く普及しているわけではありません。
誰かから偶然ビットコインをもらう機会や、何かを売ったときの支払いをビットコインで受ける機会など、まだほとんどないのが実情です。

このような状況でビットコインがほしいときは、どうしたらいいのでしょうか?
このときにビットコインの売買がされるわけです。
この仮想通貨は投資目的で所持されることも多く、すでにこれを持っている人は、そのビットコインの一部、もしくは全部を誰かに売りたいと思っていることもあるわけです。
その人に頼んで売ってもらうと、売りたい人はビットコインを現実の通貨に換えられ、ビットコインがほしい人は日常生活ではなかなか手に入らないこの仮想通貨を入手できるわけですね。

これを手に入れた後、同じようにまた別の誰かに売ってもいいですし、売らずに持っていてもOK。
ビットコインは一部の店舗などでは現実の通貨と同じように使えますから、これに対応しているお店等が近くにあれば、ショッピングなどの支払いに使ってもOKです。
ビットコインは現在このように流通しているため、買う・売るといった取引が日常的によくされています。
仮想とはいえ通貨が普通の商品のように売買されている光景は、感覚的に理解しづらいかもしれませんが、このような取引もOKとなっています。

なお、この売買に資格等は必要かというと、特に必要ありません。
つまり小売りなどの仕事を普段している人でなくても、ビットコインを売ってもいいのです。
買うときにも資格や手続きなどは特に必要ありません。
個人間で不用品をやりとりするときと同じ感覚で、ビットコインは売ったり買ったりできます。
自分が入手する際には普通の商品のように購入でき、それで手に入れた後は仮想通貨としても、売買のための商品としても使えるのがビットコインだと思えばいいでしょう。

初心者の方はまずはビットフライヤーで始めるのがいいでしょう。手数料も安く、操作面もカンタンなため、おすすめです!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で