ビットコインを買うとは - はじめてビットコイン買ってみる

ビットコインを買うとは

▼目次


ビットコイン 知っておきたい基本

仮想通貨のビットコインは人気が高まっていますよね
これを買うという人も多く、自分も買ってみたいと興味が出てきている人も多いのではないでしょうか?
ただ、ビットコインは比較的最近できたものですから、これがどういうものなのか、まだイマイチよくわからない人も多いですよね。
これからビットコインを買うためにも、知っておきたい基本をご紹介します。

まずビットコインについてですが、これは仮想通貨の一つになります。
国がその信用を保証し、流通等を管理している現実の通貨と違い、国や中央銀行といった組織が運営をしていない、自由度の高いオリジナルの通貨です。
そのような通貨が問題ないのかというと、通貨の本質はこれを使っている人たちがその通貨の価値を認めるかどうかですから、多くの人がその仮想通貨の価値を認めれば、それは現実の通貨に近い使い方のできる、れっきとした通貨となります。

ビットコインとは、そのような仮想通貨の一つです。
これらはオリジナルの通貨ですから、その種類も非常に多く、中にはあまり知名度の高くないものもありますが、ビットコインはその中では有名な方です。
すでに現実社会でもこれを通貨として使えるショップなども登場していますから、有力な仮想通貨がほしい人たちからは、よくこのビットコインが選ばれています。

ビットコインを買うとは?

そのようなビットコインを買うとは、どういうことでしょうか?
これは現実の通貨とビットコインを交換するということです。
現実の通貨でも、ある通貨と別の通貨とを交換するといった取引は、よく行われていますよね。
たとえばドルがほしいときなど、円をドルに両替するのが基本です。
これは考えようによっては、円でドルを買っていることになるわけです。

ビットコインを買うとは、このような取引とそれほど大きくは変わりません。
現実の通貨を、ビットコインに両替していると理解してもOKです。
一度ビットコインを買うと、自分のお金の一部がビットコインに置き換わります。
たとえば100万円持っており、そのうちの50万円でビットコインを買った場合、自分の手持ちのお金は50万円が日本円で、残りの50万円がビットコインとなります。
二種類の通貨でお金を保管する形になりますが、自分が持っているお金の総額は変わらず、100万円のままです。

ビットコインを買うとはこのように、自分の手持ちのお金の一部を仮想通貨に両替することになります。
手持ちのお金をすべてビットコインに両替することもできますが、そのような買い方をする人は、あまり多くありません。
そのわけは、ビットコインは通貨の一つとして浸透しつつありますが、まだ完全に社会に浸透しきったわけではないからです。
ビットコインで料金の支払い等をできる機会は、円やドルなど現実の通貨に比べると、まだまだ少ないのが現実です。
そんな中、すべてのお金をビットコインに替えてしまうと、お金は確かに持っているのですが、それを通貨として使えるお店やサービスが少ないため、日常生活に支障をきたします。
仮想通貨を取引所から手に入れる買い方について

このようなことから、ビットコインは持っているお金の一部で買うのが基本になっています。
手持ちのお金の何割をビットコインに両替するか、これはもちろん個人の自由です。
全財産に対して特定の割合までしかビットコインを購入できないといった規制はありませんから、自分さえよければ、手持ちの全額をビットコインに替えるといったこともできます。
どれくらいビットコインを買うかは、自分の家計状況などから自由に決めてみてください。

レートについて

ビットコインを買うとはこのような意味になりますから、一度買ったビットコインを元に戻すこともできます。
円をドルに両替したあと、使わなかったドルをまた円に戻すといったことは可能ですよね。
それと同じで、ビットコインを買った後に急な出費で日本円が必要になったり、そもそもビットコインに両替しすぎたと思ったりしたときなど、買ったビットコインの一部をまた元の通貨に戻すこともできます。

このように新しく買ったり、一度買ったものを戻したりできるのですが、ビットコインも通貨の売買になりますから、レートがつきものです。
円とドルの相場など、1ドルが今日本円で何円相当なのか、毎日めまぐるしく変わっています。
ビットコインもこれに近い状況にあり、ビットコインを買うとき、用意した予算でいくらのビットコインを買えるかは、そのときのレートによります。

一度買ったビットコインを元の通貨に戻したいときも同じです。
前とレートが変わっていなければ元の金額に戻りますが、レートが変わった場合、購入前の金額より減ったり、逆に増えたりすることもあります。
ビットコインにはこのような株のような一面もあり、元本保証なども特にありません。
つまりこれを買うと、買った時点で自分の手持ちのお金が減るリスクもあるのです。
最初から投資目的でビットコインを買う人はいいのですが、仕組みや意味をあまりよく知らない人は、これらをよく確認してから買うのが基本となるでしょう。